オヒサシブリデス。
にゃいとうです。

ブログ更新、されないなーと思ったミナサマ、スミマセン。
ワタクシ、4月末にドイツへ旅行に行って参りまして
そのままGWに突入し、
今週末はデザフェスだよ、お母さん!な状態でして。

で。
デザフェスへ向けた更新もしなきゃならんのですが、
とにかく、短期記憶がヤバイので
消えてしまう前に残さねば(汗)
というわけで、ハンコ記事ではなくて恐縮ですが
旅行記を何回かに分けて掲載します。

ハンコはモチロン、これまたネコ的なものもあまり出てこず、
尾張猫科のシャベリと観光写真が続きますが、
ご興味の方はどうぞ。


----
出発は4/21(土) の夕方。
飛行機は4/22(日)お昼の成田便。

4/22の早朝から動いてもよかったのですが、
twitterで関東方面のミナサマのご意見を伺ったところ、
オノボリ猫科がスムーズに
成田行き指定特急に乗るのは「難!」
ということで前のりをしましたω

というわけで猫息子達は4/21夜からお留守番。
(ご飯/トイレは義母サマにお願いしました)
後ろ髪を思くそ「ギューっΣ( ゚∀)」とされながら、
いざ、江戸へ。


東京駅でダンナはんと合流し、有楽町にて麦汁摂取。
そう、麦汁ニャッハー♪は前日から始まっていたのです。


で、翌朝4/22。
巣鴨から成田第2ターミナルへ。

乗り継ぎの日暮里駅で、自動開札が「ピコーン!(はさまれた)」
ダンナさんが買ってくれた切符の買い方が間違っていたみたいで。。
(JRからの乗り継ぎはよく間違われるらしい)

しょっぱなから肝をキンキンに冷やし、
全席指定のスカイライナーに飛び乗り!!

そこで、朝9時台だと言うのに、ビール・チューハイの類を
飲み倒す家族を目撃。
こちらとら、飛び乗ったもんでお茶すらなし。
Ω\ζ°)チーン
天国と地獄、上流と下流に思いを馳せながら成田着。


今回は自由時間が多いタイプのHISさんの
ツアー利用だったので、成田空港団体様窓口へ一旦集合。
JALさんへ荷物も預けたし、さぁ、旅行へ出発だよ~!!

搭乗開始までに時間がある。
それなら、一刻も早くオトナの旅、引いては上流の仲間入りがしたい!!


プハー!
ソースの香りは天下無敵。
(しばらく食べられないしね♪)
そして、第二ターミナル内には、羽田に入っているような
オサレなオトナレストランはあまりないのです!

というわけで、成田~フランクフルト国際空港までは
約12時間のフライト。
直行便につき、ズーッと機内缶詰なのですよ。


搭乗完了♪
シュッパーツ!!


さて、ココからが地獄。
「ポテン」と寝る予定だったのに、
退屈しのぎにiPhoneに入れてきた
IPPON グランプリ の録画が面白すぎて、
寝れない寝れないっ!!
※ドイツは7時間時差(サマータイム時)なので、チョロ寝ないとキツイ

だいぶ進んだよね~?と飛行情報をみるも、

うーん。
まだカムチャッカ半島を過ぎたぐらいだ。。。
地対速度800キロ超なのに、
地図上ではカタツムリのようにのろのろ。
↑アタリマエ

そしてこの航路だと

ずーーーーーっとこんな大自然が続いててだね、
集落なんざー見当たらないわけよ。
(平たく言うとつまらん)


そして、機内の明かりが落とされ。。。
・・・さうか、寝ろと。
あいにくIPPON グランプリ、決勝戦なので
寝れない寝れないっ!!



にゃいとうの後ろの座席がごそごそごぞごそ。
そして、にゃいとうの隣の席の男性に
後ろからしな垂れかかる女が!!
(にゃいとうだんなは前の席)

「はぁあ!? なんじゃコイツ!!」

新婚さんだか、なんだか知らねーが、
ここは飛行機!!
パプリック・スペースだぜ!!(イライライラ)

多分、私と年の頃は変わらないと思われるが
(data by 肌のハリツヤ)
お召し物が飛んでもなく、「ラヴリー♪」なのだ。
裾ふりっふりのジャンパースカートに
レース撒き散らしたブラウス。
そして、ニーハイソックス。



私はコイツの事を以後
「ゴスロリ(ゴリッゴリ・ロリータ)」と呼ぶ事に決めた。
やだなぁ、同じツアーの人じゃないといいなぁ。
(同じツアーだったんですが。。。)


長時間フライトとゴスロリのせいで、
あちこちに血栓が出来そうになり

ウワサのフライング吉野家に癒されつつ


窓から見えた憧れのスカンジナビア半島に癒されつつ

無事、フランクフルト着。

現地時間で17:35だったかな。
明るいです。


空港からホテルまではバス移動。


ホテル着。
空港近くのホテルで、周りはキャンプ場という
旅行者には過酷な環境(笑)


この日は飛行機で寝れなかった為、睡眠優先。
というわけで、空港で買ってきた

プレェツェル(食べかけ失礼)
親の仇のようにチーズがかけてある。
ウマイが、一日分のカロリーが1個で摂取できそう。


凡そドイツっぽくないトルティーヤ。

これと、麦汁ガーっとで簡単完了♪

これで、夜20時。
ドイツは北緯が北海道と同じかチョイ北なので、
白夜まで行かないけど、日が長い。
これはサマータイム導入したくなりますよね、奥さん。

しかし、明るかろうがなんだろうが、この日は泥のように就寝。

<次回へ続く>
スポンサーサイト
2012.05.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyaitou.blog76.fc2.com/tb.php/661-9db70780